立地および投資環境

西海岸高速道路開通、港湾、空港隣接など四通八達の最適な物流スポット

  • 西海岸高速道路:木浦~ソウル、3時間台
  • 高速鉄道(KTX、SRT):木浦~ソウル、2時間台
  • 木浦新港湾:大陽産業団地から8㎞、3万トン級6バース運営
  • 務安国際空港:大陽産業団地~空港、20㎞
  • FTAによる対中国輸出入カーフェリー、コンテナ定期航路運航再開推進

住宅・教育・医療などの定住環境を備えた都心型産業団地

  • 木浦市内から10分、労働者定住環境優秀
  • 産業団地近くにアパート4千世帯、幸福住宅450世帯、教育機関49か所、医療31か所
  • 大学と連携した良質の産業人材を活用しやすい

海洋水産融合・複合ベルト造成、水産物インフラの集積化

  • 水産食品輸出団地を造成:2017年~2021年、1千億ウォン
  • 西南圏海洋水産総合支援機関を建設:2017年~2018年
  • 国立海苔産業研究所の建設を推進:2017年~2019年
  • 木浦水産食品支援センターを運営:大陽産業団地から2㎞

韓電本社とのアクセシビリティ良好、電気機器生産背後都市としての条件完備

  • エネルギーバレー圏域産業団地:韓電本社から37km
  • 容易な特高圧電気供給(154KV)、軽岩盤産業団地

大陽産業団地内貨物自動車公営物流センターを造成

  • 貨物自動車公営車庫建設(92千㎡):駐車場600台、休憩・整備・便益施設など

地方中小企業特別支援地域に指定

  • 制限競争入札および随意契約可能、金融融資支援の優遇など

産業別R&D施設

  • 高機能性水産食品産業支援のための水産食品支援センター運営
  • 中型造船産業支援のための西南圏中型造船産業RIC運営
  • セラミック産業支援のためのセラミック産業総合支援センター運営
  • 新再生可能エネルギーおよび融合・複合エネルギー産業育成のためのグリーンエネルギー研究院運営
  • IT産業育成のためのベンチャー支援センター、文化産業支援センター運営

※ 海洋水産融合・複合ベルトの造成および新再生可能エネルギー産業背後基地最適地