木浦中央食料市場

旧都心を代表する市場、木浦伝統市場の一等地 50年の歴史を誇る伝統市場で、ほとんどの店は2・3代目が受け継いで経営しており、熟練したノウハウでおいしい味と衛生的な製品を生産し、顧客とつながりを大切にし、全国から注文がある。24時間以内に宅配可能だ。

東部市場

地理的に木浦市の生活中心エリアに位置した東場市場は、店舗数375と木浦最大の市場だ。水産物、農産物、畜産物などだけでなく、衣類や工業製品も入店している。特に、全体入店品目の40%を占める衣料品店は、東部市場の誇りだ。

自由市場

木浦自由市場は、商人が直接積立金運動を行って立てた商人の市場だ。周辺が住宅密集地域でないにもかかわらず、自由市場は木浦でも高い売り上げを誇る市場として有名だ。おいしい食べ物と質の良い商品のため、木浦だけでなく近隣地域の住民も訪問する。

青湖市場

木浦の新都心に位置する青湖市場は、アパートが市場を取り巻くユニークな立地条件を備えている。1階は農・水・畜産物、2階は家具専門市場になっている。

木浦総合水産市場

木浦港に面した場所に位置した木浦総合魚市場は、各種水産物、乾物卸売市場でガンギエイ、塩辛、鮮魚、干物が主な項目だ。儒達山とカッパウィ(笠岩)海洋観光地が近接し、木浦シティツアーコースに指定され、観光客の訪問が増えている。

港洞市場

木浦の関門・木浦港に位置するユニークな立地条件を備えている。昔は近隣地域の人々でにぎわい、ここに作物などを持ってきて港洞市場で売り、彼らが必要な工業製品を買うという取引がなされた場所でもある。

新中央市場

韓服、工業製品、飲食店など150以上の店があり、施設・経営現代化事業を通じて市場が活性化されている。